箱根ー富士屋ホテル宿泊の旅(1) | OVER THE RAINBOW 


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
箱根ー富士屋ホテル宿泊の旅(1)


夏休みも終わりに近づいた頃、富士屋ホテルに朝食付き宿泊の手ごろなプランがあるから行こうかという話になり、さっそく2泊予約をして主人と二人で出かけました。富士屋ホテルは子供のころに団体旅行で行ったことがあるけれど、二人ともほとんど記憶にないので、初めての感じかな。

相変わらず主人は小田原駅で行方不明になり、あっちにうろうろ、こっちにうろうろで、お父さん、いつになったら箱根につくのよと、たどり着く前から私はすでに帰りたいモード。

人ごみの中で行方不明になられると、最近は隅っこで目をつぶっていることにしています。一生懸命探そうとすると、目が疲れて頭がくらくらしてくるから。主人の免許証からお財布まで一切私が持たされているので、このまま帰っても私は何にも困らないんだけれど。



到着したホテルのロビーは確かに歴史を感じる柱や雰囲気で、お部屋も天井が高くて今時のホテルと比べると広さも感じます。ただお部屋に行くまでの長いこと。左に曲がって右に曲がって・・・増築していくホテルや旅館はこうなるんだろうな〜。迷っちゃいそうだなと主人が言うけれど、確かにお父さんは迷いそうだよね。

ロビー横のラウンジでは、宿泊ではない人たちもこのホテルが売り物にしているアップルパイでティータイム。ジョン・レノンが泊まった時に、アップルパイをお代わりしたと言われているらしく、テーブルはいっぱいで順番待ち。私たちは二人とも甘党ではないので、外に散歩に出かけることにしました。

富士屋ホテルの建物をあれこれ見物。確かに立派なのですが、やはりそうとう年月がたって歴史のある建物なので、メインから少し離れた外側の補修工事もそろそろ必要そう。これって改修に相当費用がかかるだろうなと主人が言うように、なんとなく二人で富士屋ホテルの財務諸表が頭の中に浮かんできそうな気分。

評判のお豆腐屋さんとシチューパンのお店があると聞いて行ってみましたが、お豆腐はさっぱり気味で、夏にはいいかもしれません。ご主人が人がよくて、すくい豆腐二人前を注文すると一人前を二人で食べなさいとか、四人家族の人たちに一人前を四つの器に分けて出してあげているので、サービスいいねと二人で感心。



その後シチューパンのお店へ。お部屋で味見をしようねと話しながら入っていくと、お店の中には小さなテーブルがあって、若い子たちのグループがいました。シチューパンもそれなりの値段でジュース類も観光地値段なので、若い子たちがお水を下さいと言うと、お店の人がお水はペットボトルですと観光地値段のミネラルウォーターを売ろうとしています。

おいおい!若い子たちは顔を見合わせ、私たちも無言。お店を出てから、主人が商売だから仕方がないんだろうけれどね〜と言うので、私もそうだねと言ったけれど、なんだかね〜。商売っていうのはいろいろですよ。

夕食は富士屋ホテルのディナーコースと言いたいところですが、ここのディナーコースはすべて1万円以上、アラカルトもセットにするとこの程度の値段に。主人と都会のホテルでもディナーコースで1万円以下もあるよねと、庶民感覚のさびしい話になりました。

結局一般庶民の私たちは宮ノ下にあるイタリアンのお店、La Bazzaでお腹いっぱい食べることに。とても美味しくて結局二日こちらのお店で食事。主人は1950円のセットで、私は1580円のセットです。絶対この値段と思えない美味しさと豪華さなんですよ。ホタテも大きいし、あさりもこれでもか!って入っているんです。









美味しそうでしょう?ちょっとお料理の写真がぼけてしまいましたが、私が美味しそう・美味しそうと、非常に興奮したためです。おまけに生ハムは、一口先に食べちゃいました。何しろ、美味しい・量が多い・安いの三拍子。パンかライスはどちらにもついて、それぞれの料理もバターやオリーブオイルもいっぱいなんですよ。写真だと小さく見えますが、ドッカ〜ンていう感じなんです。よくチョコっと出てくる気取ったものとは違います。あれは本当に美味しいかわかる前に終わっちゃいますから。

大食漢の私がドッカ〜ンていうくらいで、あさりのスパゲティは山盛りで、あさりもどうですか〜〜と言うくらい入っていました。以前は信用金庫だった建物なので、最初は若干不安に感じましたが、とんでもない。裏の富士屋ホテルに勤務されている人たちが食事に来ていましたから、知っている人は知っているんでしょうね。大満足でお腹はパンパンにふくれた二人は、温泉に入り(お部屋のバスも温泉です)心地よく夢の中へ・・・の前に・・・

これからの自分たちの生活設計について真面目な話し合い。こんな時間も夫婦には必要かもしれない。ところが途中で私が完全に眠くなり、瞼が自然に落ちてくる状態に。お父さん、話を引っ張るね〜。ちょっと長すぎない???もう寝ます。おやすみなさい。

     つづく・・・
| Japan | - | -
スポンサーサイト
| - | - | -